「シングヴェトリル国立公園」

「シングヴェトリル国立公園」

地球の裂け目に青空議会

シングヴェトリルは、通常海で生まれるプレートが陸地で生まれるという、地球上でも珍しい場所。その大地には無数の亀裂が走り、この特異な景観を目指して、島の人々は議会のため集った。

野外フェスを潤した氷河

シングヴェトリルの湖の水は集会にも欠かせないものだった。その水中に潜ってみると世界トップクラスの透明度を誇る、コバルトブルーの世界。その水の源は、なんと50km離れた巨大な氷河にあった。

独立宣言!アイスランドの聖地

1944年に独立を宣言したアイスランド。その舞台もまたシングヴェトリルだった。雨の中、大勢の人が集った。当時を記憶する90歳の女性が語る言葉から、聖地の歴史を紐解く。

今回は氷河と火山の島、アイスランド。この雄大な大自然の中に今も昔もアイスランドの人々を惹き付ける聖地がある。文化遺産「シングヴェトリル国立公園」。西暦930年、ここに島中の人が集い、民主的な議会を開いたのをきっかけに、毎年夏の2週間、18世紀末まで続けられた。そこは奇しくもプレートが誕生する、地球の裂け目。大迫力の映像をお届けする4K特別篇です。

上一篇: 返回列表
下一篇: